7台のアバルトに乗る

公開 : 2017.06.04 11:40  更新 : 2017.06.04 12:35

ゴルフGTIに対抗したリトモ・アバルト130TC

フォルクスワーゲンのゴルフGTIが支配するホットハッチ市場に、フィアットが重い腰を上げて参入したのは81年のことだ。リトモ・アバルト125TCのデビューの場は、あえて選んだフランクフルト・ショー。その過激なキャラクターが熱狂的に歓迎された。

リトモは前身の128のフロアをベースとし、ベルトーネのモダンなデザインを纏ったクルマ。特徴的な樹脂バンパーは、アバルト125TCもそのまま受け継いでいる。ただし、もともと1.1ℓや1.3ℓを積む前提で設計されたボディは、アルジェンタ(132後継のFRセダン)から転用の2ℓが発するパワーに対応するため強化を必要とした。コルソ・マルケのファクトリーはランプレディ設計のこのツインカム・エンジンを、よりスポーティなバルブ・タイミング、新しい排気マニフォールド、オイル・クーラー、アルミ製のオイル・パン、熱負荷に強いゲーツ・タイプのヘッド・ガスケットなどでチューニング。そしてパワープラント全体の向きを90度変えて、リトモのフロントに搭載した。最高出力は126.7psで0-60mph(0-96km/h)は7.9秒であった。

リトモはホットハッチ市場で有力な選択肢になった。


83年に130TCに進化して、ようやく英国でも買えるようになった(リトモの英国名はストラーダ)。ウェーバーのシングルキャブだった125TCに対し、130TCはツイン・キャブ。ウェーバーかソレックスかを選ぶことができたが、どちらも131.8psで、0-60mph(0-97km/h)の加速タイムは125TCより0.2秒速い7.7秒を記録する。

お洒落なレカロ・シート


英国の自動車専門誌は130TCを情熱的に歓迎した。当時のAUTOCAR誌は「これがホットハッチ市場のパフォーマンス・リーダーであることに、今や議論の余地はほとんどない」と記している。ヘッドランプが4灯式になったことを含めて、130TCはストラーダのなかで最もアグレッシブなスタイルの持ち主でもあった。それでも「130TCはもっと評価されてよいクルマだ」とキャッスルミラーは語る。「軽いボディにパワフルでトルキーなエンジンを積み、その魅力をZF製ギアボックスやサスペンションを通じて楽しめるのだからね」

エンジンはフィアット・アルジェンタ用をベースとする。


130TCに乗ってみて、これがなぜ当時の誰もを感銘させたかがすぐにわかった。シートはサポート性に優れたレカロで、整然としたダッシュボートにスポーティなステアリング・ホイールが装着され、インテリアのスペックは充実している。最大トルクは18kgm/3600rpm。スロットル・レスポンスは俊敏で、芳醇なイタリアン・エキゾーストノートと共にコンパクトなボディをグイグイと引っ張る。ハンドリングはシャープだが、たとえ初試乗でさえ、その限界をチェックする自信を持たせてくれる。

130TCになって英国市場にも導入された。


ひとつ難しいことがあるとすれば、この130TCを見付けられるかどうかだ。ノーマルのストラーダの多くがそうであるように、もはや乗って外出しようという人すら少ない。もしも程度の良い130TCを路上で見かけたら、それはもう千載一遇のチャンスなのである。

リトモ・アバルト130TC

生産期間 1984〜1987年
生産台数 585台
エンジン形式 オールアロイ 水冷DOHC1995cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 132ps/5900rpm
最大トルク 18.0kg-m/3600rpm
変速機 5段M/T
サスペンション マクファーソンストラット/トランスバース+ロワ・ウィッシュボーン
ステアリング ラック&ピニオン
ブレーキ ディスク/ドラム
車両重量 950kg
0-97km/h 7.7秒
最高速度 189km/h
現在中古車価格 56万円から


関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事