アストン マーティンV8ヴァンテージ 300台限定「AMR」試乗記 

公開 : 2017.09.01 11:50  更新 : 2017.09.01 12:44

アストン マーティン・ヴァンテージへの「辞世」として、高性能車を生みだすサブブランド「AMR」が用意したモデルは、意見が分かれそうです。

■もくじ

どんなクルマ?
ヴァンテージ引退前 限定「AMR」
V8が200台 V12が100台 内外装に違い

どんな感じ?
内外装 加飾を気に入るかどうか
安楽なGTではなく硬派なスポーツカー
V8 パワー勝負とは異なる「傑作」

「買い」か?
すばらしいが、あえて今後に期待

■どんなクルマ?

ヴァンテージ引退前 限定「AMR」

アストン マーティン・ヴァンテージは、これまで以上の高出力と、輝かしいル・マンでの勝利というカタチで有終の美をかざった。

2005年に発売が開始されたヴァンテージは今年引退することが決まり、まったく新しいモデルが2018年に登場する予定だ。

すすり泣きが聞こえてきそうだが、一方で最後の年の成績は記憶に残るものになるだろう。

6回目の挑戦となる、フランスのサルテ・サーキットで6月に開催されたル・マン24時間レースのGTE Proクラスにおいて、最終ラップでの接戦からクラス優勝をもぎ取ったのだから。

今年の初めに、アストン マーティン・レーシング・コンペティション・チームからインスピレーションを得た、アストン マーティンの高性能ブランド「AMR」を発表したが、同ブランドからの最初の1台が、このヴァンテージとなる。

最終的にはアストン マーティンのモデルのすべてに、AMR仕様が設定されることになるだろう。

ヴァンテージAMRのディテールを見ていこう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記