みたことある「あのアート」 どのように作られる? 芸術家を訪問

公開 : 2017.09.09 17:10

彫刻の強欲:そのほかの自動車アートワーク

セントラル・フィーチャー(ゲリー・ジュダ)

カルカッタ生まれのジュダは、1997年以来、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのセンターピースに掲げられる、フェラーリ、ロータス、アルファ・ロメオといったモデルを制作している。2017の作品は、バーニー・エクレストンのキャリアを題材に探求している。

キャディラック・ランチ(アント・ファーム作品群)

1974年に製作されたこの作品群は、10台のキャデラックから成り立っている。

1949年クラブ・セダンから1963年セダン・デ・ヴィルが、テキサス州のアマリロにフロント側が埋められた格好で展示されている。当初は、オリジナルを維持していたが、近年では、観光客により多彩な色で着色されている。

ルイ・シボレー(クリスチャン・ゴンゼンバッハ)

ルイ・シボレーの故郷である、スイスのラ・ショー・ド・フォンに展示されている、8トン、5mの磨き上げられたステンレス製の反対のイメージの半身像は、シボレの創業100年を記念して2011年に製作された。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事