ルノー・シンビオズ 家とつながる「もうひとつのマイルーム」

公開 : 2017.09.13 21:15  更新 : 2017.12.14 12:40

シチュエーションに合わせ内装も変身

スタイリングは昨年のトレゾールをはじめとする最近のコンセプトカー同様、ルノーの現行ラインナップに通じるもの。一方、カーボン素材のボディ構造や、大面積のグラスハウスなどはあくまでコンセプトカー用。リヤウインドウには透明なフィン状のウインドディフレクターがそびえ立つが、ここに第3のブレーキライトや、自動運転用のセンサーが組み込まれている。

運転モードは3パターンの切替ができ、それぞれに応じてインテリアが姿を変える。クラシックモードは一般的なクルマのように、ダイナミックモードでは走りの性格とシート形状がホットハッチ的に変化。ADモードでは自動運転となり、ステアリングホイールとペダルが格納される。

ADモードではさらに、インテリアのレイアウトを3タイプ設定。それぞれアローン@ホーム/リラックス/フレンチキスと銘打たれ、くつろいだり、乗員同士がコミュニケーションをとったり、運転以外のことをしたりするのに適したレイアウトへ、シートのポジションが移動する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×