高級SUV対決 ヴェラールとドイツの強敵、Q7/カイエン 前編

公開 : 2017.09.23 17:10  更新 : 2021.04.13 18:04

ヴェラールの値付けやいかに

ざっくりと£7万(1058万円)だ。何度も繰り返すことになるが、どうしてこの価格なのか。レンジローバーのラインナップでは、スポーツの下位に当たるモデルだ。ランドローバーの値付けは高すぎるのではないか。なにしろ、今回の試乗車より£1,400(21万円)低い価格で、レンジスポーツの3.0ℓユニットを積むSDV6HSEダイナミックが手に入るのだから。

とはいうものの、そうだとしても、ランドローバーは異議を唱え、このヴェラールがレンジスポーツのハイエンドモデルほどは高額でないと指摘するだろう。装備類は気前よく盛り込まれ、フィニッシュも感銘を受けるレベルだ。6気筒のHSEグレードを購入すれば、その主張の信憑性は十分に感じられるはずだ。

比較用のQ7は、上級トリムのSラインを選択した。今回のヴェラールより£14,000(212万円)も安価だが、装備内容はまったく及ばない。マトリックスLEDヘッドライトや21インチのアルミホイール、ダッシュボードとセンターコンソールやドアまで張り込まれたレザートリム、エアサスペンション、メモリー機能付きシート、表示を変更できるデジタル計器盤、キーレス操作、さらにアクティブ安全デバイスのフルセット。ヴェラールでは標準装備のそうしたアイテムが、Q7では有償オプションとなるのだ。

それらオプションを全部乗せにしたQ7の価格が気になると思うが、なんと、レンジローバーを上回る計算となる。それはともかく、最大の特徴は長く大柄な、フルサイズの7座SUVだということだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×