高級SUV対決 ヴェラールとドイツの強敵、Q7/カイエン 後編

公開 : 2017.09.24 15:40  更新 : 2021.04.13 18:04

ドライバーズカーとしては一歩譲るが…

気になるのは、レンジローバーの新型車が、ポルシェの元祖カッ飛びSUVほど運転に夢中になれるものかということだろう。その点はノーと言わざるを得ない。しかし、運動性の高級SUVらしさという点ではカイエンを大きく凌ぐ。そして、カイエンより安楽で妥協はあるものの、ヴェラールもドライビングを楽しめるクルマだ。

勘違いしないでほしい。ヴェラールの71.3kg-mのトルクは、カイエンの86.7kg-mと同じように使えるものではないということだ。70kg-mを超える絶対値が物足りない、というのではないから、その点はご安心を。今回のD300は、われわれがロードテストの際にD240で指摘した、力不足や元気のなさとは無縁だ。

走らせてみると、このヴェラールは低回転域での力強さ、スロットルレスポンス、柔軟性や絹のように滑らかな動きを、実に巧みに調和させている。8段ATは、適切なスリップ量と変速スピードを正確に把握しているような感触で、快適さを保ちながらペースを上げることに寄与している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×