アルファ・ロメオ・ステルヴィオの(現時点で)最上級仕様 英国試乗

公開 : 2017.09.27 11:40  更新 : 2017.09.27 13:25

ステルヴィオの280ps版に試乗しました。いま新車で買えるもっとも説得力のあるSUVかと期待されますが、はたしてその実力やいかに。

もくじ

どんなクルマ?
現時点では最強バージョン

どんな感じ?
回るほどにレーシーさが光るエンジン
走りは満足 質感やフィールは及第点レベル

「買い」か?
競争力は高いが、待ちたい追加装備もあり

どんなクルマ?

現時点では最強バージョン

510psのクアドリフォリオが来年登場するまで、この280psの直4ターボがステルヴィオの最強ユニットということになる。フィアット・クライスラーのバロッコ・テストコースでは試乗済みだが、英国にこれを持ち込むのは今回が初めてだ。

このオールアルミの2.0ℓユニットは、ジュリア・ヴェローチェに搭載されるのと同じものだが、このほかに200ps仕様も設定される。生産はV6ツインターボとともに、テルモリ工場で行われる。

ステルヴィオの他グレード同様、ZF製8段トルコンATが組み合わされ、プロペラシャフトはカーボン素材を使用。前後のトルク差配は多板クラッチで行うが、これは4WD仕様のステルヴィオでは全車共通だ。通常は40.8kg-mすべてを後輪に伝達し、状況に応じ最大50%まで前輪へ配分する。

今回の試乗車は、限定モデルのミラノ・エディツィオーネ仕様。210psディーゼル搭載車にも設定されるが、280psガソリンとの組み合わせはラインナップ中の最高額モデルとなる。20インチのホイールや、前席にヒーターと電動調整が備わる革張りスポーツシート、ヒーター付きステアリングホイール、アルミの大振りなシフトパドル、前後パーキングセンサー、リアビューカメラ、ナビと装備は満載。電動テールゲートやヒルディセント・コントロール、DNAドライブセレクターなど、ステルヴィオ全車に共通のアイテムが備わるのはいうまでもない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事