セアト・イビーザ・クプラ

公開 : 2013.01.25 19:17  更新 : 2017.05.29 18:44

■どんなクルマ?

セアト・イビーザのスタンダード・モデルのフェイスリフトに合わせて、ホット・バージョンであるクプラも新しくなった。最新のイビーザ・クプラは、従来のイビーザに較べると、新しいノーズと、リア・ライト、そして刷新されたインテリアを持つ。

関心が集まるのがそのパフォーマンスだ。実際のパフォーマンスは、0-100km/hが0.1秒短縮された6.9秒に、そして最高速度は3km/hアップした229km/hになっている。それでいて燃費は1.5km/ℓ向上した17.0km/ℓとなり、CO2排出量も9g/km下がっている。

ナビゴン社で開発されたセアト・ポーターブル・システムはスタンダード装備となる。これは、脱着可能なナビゲーション・システムで、ブルートゥースとの接続も可能なものだ。

■どんな感じ?

それまでの1.4ℓツインチャージ・エンジンも印象的であったが、セアトのエンジニアはさらに磨きをかけてきた。そのピーク・トルクは2000rpmで発生し、レッドラインまでそのままとなる。フォルクスワーゲン・グループの7速DSGギアボックスとの組み合わせによって、素早いオーバーテークも可能だ。

一方、低い速度域では、クプラは驚くほどスムーズに走る。ギア・チェンジはクイックで、オートマティック・モードでも何の問題もない。

しかし、ステアリングは、残念なことに最終的な精度が不足しており、若干調和にかけるフィーリングがある。

新しいベアリング構成となり穏やかな味付けとなったリア・サスペンションのセットアップは良好だ。ロング・ランでも寛大で、スペインの道でも非常に滑らかな乗り心地を示してくれた。

確実なことは、クプラがハード・コーナリングでタイトなコントールを持つフロント・エンドを得たことた。内側のホイールにブレーキを掛けるXDS電子ディファレンシャルはアンダーステアを確実に減らしてくれる。

サスペンションとステアリングの変化は、クルマがシステムとして向上しているのがわかる。特にESPの効果が認められる。

テスト・モデルは赤いキャリパーを持ち、標準のΦ288よりも大きいΦ312のAP製の4ピストン・レーシング・ブレーキを持っていたが、充分すぎるほどのストッピング・パワーを示してくれた。

ちなみに、クプラのメカニカルな面以外のスタンダートなモデルとの違いは、前後のバンパー、リアの中央のエグゾースト、アロイホイールとスポーツ・シートだ。セアトのデザイナーが素晴らしかったことは、ライバル・モデルに見られるような太すぎるステアリング・ホイールを採用しなかったことだ。

■「買い」か?

ホットハッチをどう定義するかにかかっている。繊細さとパワーを望むのなら、ルノースポーツ・クリオやスズキ・スイフト・スポーツのほうがよい選択かもしれない。しかし、日常のユーティリティについてはイビーザ・クプラの方が優れている。乗り心地、造りの良さ、そして快適性だ。

しかし、ホットハッチは最大限の興奮をもたらすという使命がある。そういった意味に於いては、イビーザ・クプラは少々力不足かもしれない。

(スチュアート・ミルン)

セアト・イビーザ・クプラ

価格 18,570ポンド(265万円)
最高速度 229km/h
0-100km/h加速 6.9秒
燃費 17.0km/ℓ
CO2排出量 139g/km
乾燥重量 1259kg
エンジン 直列4気筒1390ccターボチャージャー+スーパーチャージャー
最高出力 178bhp/6200rpm
最大トルク 25.4kg-m/2000rpm-4500rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ・オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事