アウディA8 2017年型に試乗 内外装の進化 自動運転の現状探る

公開 : 2017.10.11 11:40  更新 : 2018.02.16 17:26

どんな感じ?

内装は理路整然 品質の高さは圧巻

理路整然としている。ドアを開けての第一印象だ。新しいA8のインテリアには、メルセデスSクラスの持つカリスマ的な優雅さはない代わり、マテリアルの質感は素晴らしく、組み付けはとても精緻だ。

スイッチ類の遊びは皆無で、センターコンソール上のタッチスクリーンのレスポンスは素晴らしくキレがいい。アームレストの鍛造アルミ製ヒンジたるや、過剰品質そのものだ。

第3世代A8にあった沢山のバックライト付きボタンやダイヤルはほとんどすべて消え失せ、素晴らしい触覚フィードバックや音によるアンサーバックのあるタッチスクリーンに取って代わった。

乗員を取り囲むようなダッシュボードは、アウディのデザイナーが言うところのラウンジのような雰囲気を添えている。そこに高揚はない。奇妙なくらいにクールだ。しかし、それはそれでいいじゃないかと思わせる、静かな説得力がある。

今回のバレンシアでのお披露目会では、市街や周辺の素晴らしく路面のスムーズな高速道路で、おなじみの3ℓV6 TDIエンジンを積むA8を主に試乗した。

ガソリンV6とは異なり、試乗車ではディーゼルのがたがた音を打ち消すアクティブエンジンマウントが使われている(シルキースムーズなガソリンエンジンでは不要)。

ディーゼルも決して荒っぽいエンジンではなく、ガソリンに比べれば少し劣るものの、楽々と回って十分以上に気持ちのいい活発な走りをもたらすエンジンである。

では、最も重要な乗り心地はどうか?

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事