次期BMW X6はよりアグレッシブに

公開 : 2013.02.09 12:14  更新 : 2017.06.01 01:46

BMWは、アウディやランドローバー、メルセデスといったライバルに対抗するために18ヶ月以内に新しいX6をリリースする予定だ。この第2世代のX6は、第3世代のX5をベースにしたモデルで、よりスポーティなモデルを目指してミュンヘンのBMWのヘッドクオーターで開発が進められている。

2010年代の半ばにより小さなX2とX4をリリースする予定で、これによりBMWの4WDモデルは2016年には6モデルとなる。

新しいX6は、メインとなる中国、アメリカ、ロシア市場で人気を博しそうな、よりアグレッシブなスタイルになる。そのデザインはX5とは別物になるとBMWのデザイナーはAUTOCARに話している。

その全長は現行の4877mmから4910mmになる。ベースとなるのは、今年後半に発売される予定のX5で、このX5のために新しく設計された複合材を多用した軽量なプラットフォームをX6は使用する。サスペンションは、セルフ・レベリングのエア・サスペンションが上級モデルに採用される。また、ダンパーは3レベルのアジャスタブルだ。

そのシャシーは、電子制御が大幅に採り入れられ、新しいフレックスレイ・システムもアップグレードされる。

エンジンは、ツイン・スクロール・ターボの3.0ℓエンジン、シーケンシャル・ツイン・ターボの3.0ℓディーゼル、そして従来の4.4ℓツインターボV8に変わるトリターボ3.0ℓ6気筒エンジンが搭載される予定。また、プラグイン・ハイブリッドのX6 アクティブ・ハイブリッドは、ツイン・スクロール・ターボ3.0ℓエンジンにリチウムイオン電池を組み合わせたパワー・ユニットを搭載する。

関連テーマ

人気テーマ