クリオR.S.182トロフィーは今、「買い」なのか?

公開 : 2018.01.07 17:40  更新 : 2021.03.05 21:35

「買い!」と思ったアナタに…… 最後のアドバイス

購入時の注意点

ザックス製ダンパーはロッドに錆が発生するが、基本的に耐久性は高い。ただし新品への交換は高コスト。片側だけで1200ポンド(18万円)掛かる。リビルドで済ませればコストは1/4に収まるし、可変ダンパーを提供するショップも存在する。

タイミングベルト交換は、エンジンルーム内のメンテナンス性が悪いためにコストが掛かる。プロショップの工賃は約600ポンド(9万円)。交換は10万kmまたは6年毎に必要。メンテナンスさえしておけばエンジンは16万km以上問題なく使える。なお、カタカタ音が発生したら、吸気側のカムのタイミングに不具合がある兆候だ。

酷使された個体は、2速/3速のシンクロが摩耗するので、他のダメージも確認した方が良い。一方、加速時にシフトレバーが動くのは全く心配ない。

クリオR.S.182トロフィーは今、「買い」なのか?

加えて一言 読者の皆さまに

全てが赤色に包まれ、全てが楽しい。当時のAUTOCARの評価を紹介し、このレポートを締めくくりたい。

「はるかに高価なモデルが恥じ入ってしまうほどの出来。優れたダンパーが走りを別次元へと引き上げている。182トロフィーよりも速いホットハッチは存在する。しかし、ホットハッチとはどういうものか、どんなドライビングをもたらすべきかという基本を押さえたモデルは他にはない」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事