クリオR.S.182トロフィーは今、「買い」なのか?

公開 : 2018.01.07 17:40  更新 : 2021.03.05 21:35

考えるより走れ! 「ポルシェ・イーター」

スピードライン製Turiniホイールは、ばね下重量を1.3kg軽量化。前席は、182のシートより10mm低いレカロ・スポーツ・トレンドラインだ。

特筆すべきはフロントに奢られたザックス・レーシング・エンジニアリング製のダンパーだ。レース直系のもので、ダンパー内のオイルとガスの半分を収容可能な別体式リザーバータンクを装備。スプリングレートは、前が20%、後ろが10%高められている。サスペンション長は182カップに比べてさらに10mm短い。

クリオR.S.182トロフィーは今、「買い」なのか?

さらにバンプストップゴムの代わりにハイドローリック・バンプストッパーを採用するとともに、レスポンスを鋭くするためにステアリングのジオメトリーまで変更。こうした特製パーツによって、182トロフィーは最も優れたハンドリングを持つ1台となり、発売当時の1万5500ポンドという価格は驚くほど “お値打ち” であった。

車内に乗り込んでみよう。レカロのシートは、低く取り付けられたにもかかわらずヒップポイントが依然として高く、ハンドルは呆れるほど巨大だ。ベースとなった182と同じ問題点である。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事