試乗 VWティグアン・オールスペース2.0ℓディーゼル より安価なモデル推奨

公開 : 2018.01.29 10:40

パワフルな分、燃費は低下。シャシーは上々

予想できるという点に関しては、エンジンについても同じことが言える。公式には、150ps仕様と燃費は同じで、混合モードで17.0km/ℓとされている。ただし、これはあくまでもNEDCテストによるモード燃費に過ぎない。

実際には、40psの増加分を享受すれば、燃料消費の増加が避けられないことは言うまでもないだろう。また、このチューニングにより、負荷をかけた際のエンジンサウンドがややラフになっている。それらを考慮すれば、われわれとしてはやはり150ps仕様をおすすめしたいところだ。

この手のクルマで英国のB級道路を攻め込むことはないだろうが、そうせざるを得ない状況になれば、バランスの取れた、予測しやすいハンドリングと優れたグリップを示してくれる。

スローなステアリングにはやや慣れが必要だが、少なくとも精確さは備えており、よくしつけられたロールは、コントロールを損なうことなくそれなりのペースで走ることを可能にする。

ウェットコンディションでは、滑りやすいコーナーで後輪が駆動されることにより、4モーションの恩恵をより感じられる。オールスペースはボディサイズの大きさにかかわらず、狙ったラインを通すことに長けている。また、4WDにより牽引重量も増加し、150 TDIでは2000kgから2400kgへ引き上げられる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事