DBAスピードバックGT シルバーストン版は1億1200万円 609psへ強化

公開 : 2018.03.06 22:40  更新 : 2018.03.06 22:43

2014年に登場したデイヴィッド・ブラウン・オートモーティブのスピードバックGTに10台限定で追加される、シルバーストン・エディションがジュネーブに登場。それに先駆け、生産現場をAUTOCAR英国編集長のスティーブ・クロプリーがレポートします。

DBAスピードバックGT シルバーストン版は1億1200万円 609psへ強化

クラシカルさ最小に 若年層ねらう

英国資本の少数生産メーカーであるデイビッド・ブラウン・オートモーティブ(DBA)は、ジュネーブ・ショーでよりパワフルで特別なスピードバックGTを発表。シルバーストン・エディションと銘打ったそれは、クラシックなスタイリングのベースモデルより低い年齢層に訴求することを狙っている。

手作業で仕立てられた英国産の素材やトリムパーツを用いるこの新型車は74万4000ポンド(1億1200万円)と、ベースモデルより12万ポンド(1800万円)も高額な値付け。10台限定での生産だが、この数字はこれまでにデリバリーされたベースモデルの数と同じだ。

エンジンは、ジャガー由来の5.0ℓV8スーパーチャージャーで、パワーは517psから609psへ強化。同時に、トルクも引き上げられているという。

サスペンションはよりスポーティなチューンが施され、ドライバーズカーらしさを引き上げる。アルミホイールは専用デザインの20インチで、タイヤはフロントが255/35、リヤが285/30を履く。

 

人気記事