リバイバル 消えて、蘇ったブランドたち 後編

公開 : 2018.04.01 06:10  更新 : 2019.05.04 13:03

ヴェリタス(新)

その名が復活したのは2001年で、BMW製V12を積んだスポーツカーのコンセプトモデルを発表。極めてマニアックなクルマだったが、09年にこのRSⅢとして市販化にこぎつける。エンジンは変わらずBMW製ながら、V10を採用することとなり、生産台数は30台限定。価格はおよそ3700万円だった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事