初試乗 フェラーリ488「ピスタ」プロトタイプ GTB/GTEとの違いは

公開 : 2018.04.18 11:10  更新 : 2018.04.18 11:17

フェラーリが先日発表した488のハードコア版「ピスタ」のプロトタイプに初めて試乗しました。パワーアップと軽量化により488 GTBよりも優れた動力性能とハンドリングを実現する一方で、公道での扱いやすさは損なわれていないようです。

もくじ

飛躍的なパワーアップ
0-200km/hは7.6秒
エンジンの音質向上
非常に鋭いレスポンス
ハンドリングは
番外編 レースからのフィードバック

飛躍的なパワーアップ

この名前こそがフェラーリ488のハードコア版のなんたるかを表している。

「ピスタ」はイタリア語で「サーキット」を意味する単語であり、このクルマの本来の居場所はサーキットだということだ。

中でもフェラーリが保有するマラネロのピスタ・ディ・フィオラノ(フィオラノサーキット)こそがこのクルマのホームだといえる。わたしはこの日の午後をここで過ごし、488ピスタの実力を確かめることにした。

ピスタは458スペチアーレ、430スクーデリア、360チャレンジ・ストラダーレなどの著名なV8モデルの後継車だ。このいずれもが当時のフィオラノにおいて最もすばらしいドライビングマシンであった。ピスタもその後を継ぐという重責を担うモデルだ。

まずはじめに、ピスタに搭載されるエンジンはフェラーリ製のV8として最もパワフルなものだ。アップグレードされたツインターボ付きV8の排気量こそ488と同じ3902ccだが、ECUの変更や圧縮比の向上(9.6:1)や新設計のピスtとカムシャフトなどが与えられている。

これにより最高出力は721psとなり、スタンダードな488 GTBの670psから大幅に増強された。トルクも同様に78.5kg-mへと約1kg-m太められている。パワーウエイトレシオは1tあたり520psとなり、488 GTBの454ps/tから飛躍的な向上だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記