姉妹車対決 アルファ・ロメオ8C vs マセラティ・グランツーリスモS 回顧録

公開 : 2018.05.04 08:10

両方が勝者

しかし、それがどうしたというのだ? 8Cのシャシーはとんでもない出来損ないで、ステアリングは滅茶苦茶で、ブレーキの効きは唐突で、しかも乗り心地は劣悪だから、今回の対決は魅惑的な情熱ではおよばないものの完成度ではるかに優るマセラティのストレート勝ちなのか? そうはならない。今回のテストに敗者などは存在せず、2台とも勝者なのは明白だからだ。

8Cは今まで長きにわたりテストしてきた多くのクルマのなかでも間違いなく最悪の問題を備えているが、それはある意味、真の意味での道楽であることの証明なのだ。

このクルマは独自の存在意義を、世界中にあるその他の芸術作品たちと並んで確立しているのである。

同時に、4つの車輪を履いた物体としては、今まで見たなかでは端的にもっとも美しいもののひとつでもある。

簡単に言って、クルマとしてはマセラティのほうが圧倒的に優れている。それなのに8Cは、そんな事実はどうでもいい気分に見る者をさせてしまう。それが今回の結論である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×