メルセデス・ベンツAクラス・サルーン公開 2種類のセダン・ボディ 北京ショー

公開 : 2018.04.24 21:30  更新 : 2018.04.25 00:02

M・ベンツが、「Aクラス・サルーン」を公開しました。中国仕様は、全長が60mm長い「AクラスLサルーン」。それ以外の地域とはホイールベースが異なります。もちろん、後席の違いです。画像12枚!

もくじ

コードネーム:Z177 Aクラスのセダン
Aクラス・サルーンのサイズ 中国/中国以外
パワートレイン情報(中国仕様)

コードネーム:Z177 Aクラスのセダン

メルセデス・ベンツは、北京モーターショー前夜に「Aクラス・サルーン」の市販仕様を発表した。

コンパクトカー・ラインナップの第6のモデルとなるAクラス・サルーンは、コードネームZ177として開発。フロントは新型Aクラスの顔立ちでありながら、リアエンドは3代目CLSをおもわす姿になっている。


中国仕様の正式名称は、実は「AクラスLサルーン」。英国に導入されるモデルよりも60mm長いホイールベースが与えられるのだ。つまり、同じスタイリングの4ドア・ボディに2車種が存在することになる。

メルセデス・ベンツのチーフデザイナー、ゴードン・ワグナーは、「全長の異なるふたつのモデルが存在します。違いはリアドアです。他の地域に導入される仕様に比べて、中国仕様は後席の乗降性を高めているのです」とAUTOCAR取材班に明かしている。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事