ランドローバーがエントリー・モデルを計画

公開 : 2013.03.07 13:12  更新 : 2017.06.01 01:49

ランドローバーのボス、ジョン・エドワードによれば、ランドローバーはエントリー・レベルのモデルを開発する計画があるという。但し、それはひとつの可能性であって、またその仕事は何一つとして進んでいないともしている。

とはいうものの、フリーランダーの下のポジションとなるエントリー・モデルの生産に備えて、インドのテレビ局は、その工場がインドに造られるというニュースも流している。

今までで最も小さなモデルとなるランドローバーは、2.0ℓのエンジンを搭載する。計画が進行するのであれば、このモデルは、ランドローバー、インドのタタ、そして中国のチェリーというパートナーとの間で生産されることになる。

「より小さく、より安いランドローバーを生み出す機会を探してるのは事実だ。しかし、新たなセグメントで新たな価格となる市場に飛び込むことによって、ランドローバーのセールスが拡大するかどうかを調査しているところだ。もちろん、われわれは成長を望んでいる。しかし、その最高のチャンスがどこにあるかについては、もう少し慎重にならなくてはならない。」とエドワード。

この新しいランドローバーが目指すセグメントは、新興市場のためだけだと思われているが、英国でもその人気はあがっている。それは、ミニ・カントリーマンの売上を見れば明白だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事