長期テスト ベントレー・ベンテイガ(4) ディーゼルよりも12気筒?

公開 : 2018.07.24 17:10  更新 : 2018.07.24 23:30

ベンテイガのテストカーの走行距離は1万3000kmに達しました。長距離のツーリングでは非常に快適であるものの、街中ではその巨体ゆえ取り回しに苦労します。また、ディーゼル仕様も非常に洗練されていますが、やはりW12の個性も捨てがたいようです。

もくじ

積算13691km ベンテイガはシティカーではない
W12かディーゼルか
テスト車について
テストの記録

積算13691km ベンテイガはシティカーではない

われわれのベンテイガは初めてのチェックに向けて、怒涛の勢いで走行距離を伸ばしている。現在、残り2400kmでサービスを受けるよう表示が出ているのだ。

簡単に走行距離が伸びてしまう原因としては、(おそらく大半のオーナーと同じように)ほとんど長距離ツーリング専用としてベンテイガを使っているからだろう。

わたしの住んでいるコッツウォルズでは2台のベンテイガを見かけたことがあるのだが、そのうち1台は馬の運搬トレーラーを牽引していた。実際、オーナーが皆口を揃えていうことだが、ベンテイガはシティカーではない。

その巨体を平均的なサイズの駐車場へと収めるのは少々骨が折れる作業で、わたしは街中では、より料金が高く広いQ-パークを使っている(わたしのパートナーは「紳士の駐車場」と呼んでいる)。

しかし、もちろんこれだけですべての問題が解消されるわけではない。結局一番いいのは、金持ちがやるように街中では小型の車に乗るか、送り迎えしてくれるひとを見繕うかなのだろう。

 
最新試乗記