50億円超の予想落札額 フェラーリ250GTO RMサザビーズに出品

公開 : 2018.08.06 10:50  更新 : 2020.12.08 18:48

計20のレースを無事故で完走

1963年には、ルアルディ-ガバルディは幸運にも2台目のGTOを手にし、1台目をジャンニ・ブルガリに売却した。そう、あのブルガリは当時レースの世界に足を踏み入れていたのだ。

ブルガリと次のオーナー、コラド・ファーライノの元で、シャシー3413は再び活躍を見せた。63年と64年のシチリアで行われたタルガ・フロリオで勝利を飾った。

合計で、250GTOは20のレースに参戦した。驚くべきことに、すべてのレースで完走し、クラッシュに巻き込まれることは一度もなかった。

さらに驚きなのは、オリジナルのエンジン、ギアボックス、リアアクスルが今も使われているという点だ。ボディは1964年に同じスカリエッティ製のシリーズ2仕様に置き換えられている。

このボディはピニンファリーナによってデザインされ、スカリエッティが組み立てたものだ。レース仕様の250LMにも似たデザインだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事