インフィニティ 再び1シーター電動コンセプト発表へ ペブルビーチ

公開 : 2018.08.14 16:10

インフィニティは今年ペブルビーチでレースにインスパイアされた電動パフォーマンスカーのコンセプトを発表するようです。キャビンを描いたプレビュースケッチからは、ひとり乗りスピードスターであり、運転席には4点式ハーネスが装着されていることがわかります。

レース由来のハードコアなコンセプト

インフィニティは昨年、レースにインスパイアされた「プロトタイプ9」というレトロ・コンセプトカーを発表した。今年のペブルビーチでは未来の電動パフォーマンスカーを展示するようだ。

詳細不明の電動パワートレインを搭載するこのクルマは、デザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサが昨年のペブルビートで示唆したモデルだろう。2012年に発表されたエマージと呼ばれるクルマとは一線を画すものとなることが予想される。

このクルマの詳細は何も明かされていないが、昨年BMWから移籍したエグゼクティブ・デザインディレクターのカリム・ハビブがデザインしたのだという。

キャビンを上から見たプレビュースケッチ(トップ画像)が公開され、このクルマがシングルシートのスピードスターであることがわかる。助手席があるべき場所は彫刻的なパネルで覆われているようだ。

運転席の4点式ハーネスからは、このクルマがレースにインスパイアされたサーキット向けであり、インフィニティの他のモデルよりもハードコアであることが伺える。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事