フィアット500X 欧州でマイチェン 2018年型、内装/外装が変更 燃費向上へ

公開 : 2018.08.29 19:10

フィアット500X。日本では500ほどよく見る存在ではないかもしれませんが、イタリア本国ではフィアットの中で2位の売れ行きで、500ファミリーだけでも上位を占めています。SUVとしての500Xは、2018年のマイナーチェンジで内外装やエンジンを更新しました。

もくじ

500Xマイチェン 内外装の変化は
ガソリン/ディーゼルの変更点
欧州仕様の500X トリムの違いは

500Xマイチェン 内外装の変化は

発売から4年が経過したフィアット500Xが改良された。

姉妹車にあたるシティカー、500のデザインモチーフが反映され、エンジンはジープ・レネゲードと共用。価格は16995ポンド(243万円)から。改良前のエントリーモデルに比べると1440ポンド(20万円)の上昇だ。

500にならって500Xにほどこされた改良は次のとおり。

フロント部のデザインがわずかに変更され、フルLEDヘッドライトを採用、デイタイムランニングライトとバンパーとリアライトが新デザインになり、センター・セクションはボディと同じカラーリングになった。

内装はというと、コンソールのダイヤルとステアリングが新しくなり、ダッシュボードにはエルゴノミクスに基づいた微調整がほどこされている。

フィアットによると、改良型のコックピットには高級車向け素材が使われているそうだ。500Xの7インチタッチパネル式インフォテインメント・システムは、アップル・カープレイとアンドロイド・オートに対応している。

関連テーマ

 

人気記事