大予想 次期型VWゴルフ(ゴルフ8)より上級志向へ GTIやマイルドHVも

公開 : 2018.09.09 11:40

フォルクスワーゲンは8代目となるゴルフを来年発売予定です。新たな要素を取り入れつつも、ひと目でゴルフとわかるデザインになっているとのことです。パワートレインはハイブリッド化され、12Vまたは48Vの2種類のシステムが用意されるようです。

もくじ

伝統と革新の融合
上級車からのダウンサイズユーザーへ
7代目プラットフォームをアップデート
12Vマイルドハイブリッドも用意
天然ガス仕様も設定 2種類のハイブリッド
GTIは48Vシステム搭載
コネクティビティも優先事項に
「I.D.」とは異なるデザイン
MQBの恩恵

伝統と革新の融合

フォルクスワーゲンの次期型ゴルフは、そのファミリー向けハッチバック市場での立場を明確にするため、より上級志向になるようだ。

11カ月以内に生産が開始されるといわれる8代目ゴルフは、新次元の燃費技術、コネクティビティ、自動運転装備、それに洗練性を手に入れる。

昨年のサプライヤーミーティングで公開されたスケッチからは、太い流れるようなCピラーを備えた革新的なデザインが確認できる。最新のポロとも共通するシャープなボディワークも特徴だ。GTI版には、今年発表されたGTI TCRコンセプトのようなより大型のエアベントが装着される。

フォルクスワーゲンは次期型ゴルフにパワフルな48Vマイルドハイブリッドを採用するようだ。これはRとGTIを中心に設定されるだろう。他にも天然ガス仕様などが用意されるが、完全電動車は「I.D.」シリーズに譲ることになりそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事