VWゴルフRエステート・パフォーマンスパック 環境によって「R」で充分

2018.09.03

100字サマリー

フォルクスワーゲン・ゴルフRシリーズの魅力を高める選択肢として、パフォーマンスパックがエステート(ヴァリアント)にも追加されました。しかし例によって、2300ポンド(32万円)の追加費用も必要となります。その対価を得られるものなのかどうか、検証します。

もくじ

どんなクルマ?
パフォーマンスパックがエステートにも登場
どんな感じ?
ゴルフの中で最速
白眉のドライバーとの一体感
「買い」か?
ドイツでなければ、標準のRで充分
スペック
フォルクスワーゲン・ゴルフRエステート(ヴァリアント)・パフォーマンスパックのスペック

どんなクルマ?

パフォーマンスパックがエステートにも登場

フォルクスワーゲンによれば、このパフォーマンスパックは、同社の実用性に優れた手頃なクルマの中でも、最もシャープなハンドリングを獲得したバージョンだと説明している。これが本当なら、われわれが待ち望んでいたクルマだといえるのではないだろうか。

そのクルマこそ、パフォーマンスパックを身に着けた、7.5世代といえるゴルフRのエステート(ヴァリアント)。2300ポンド(32万円)の追加になるオプションで、既にハッチバック・モデルでは選択できていた。

はじめに気づくのは、標準の18インチ「カディス」と呼ばれるアルミホイールではなく、19インチの「スピルバーグ」と呼ばれるホイールを履いていること。加えて、シルバーの「R」ロゴ付きキャリパーが目を引く、軽量なRパフォーマンス・ブレーキも装備されている。

外観上はほかの変更はなく、比較的穏やかなエクステリアデザインとは裏腹に、素晴らしいパフォーマンスを発揮するクルマであることは、標準の「R」と変わりはない。

メカニカルな部分は従来どおり素晴らしい。フォルクスワーゲン製の柔軟なEA888型2.0ℓガソリン・ターボエンジンが、7速デュアルクラッチATとハルデックス・カップリングを介して、4輪を駆動する。ちなみに、エステートRの場合、マニュアルは選択できない。4輪へのトルクの分配制御は、フォルクスワーゲン製の電子ディファレンシャルではなく、各輪のブレーキが担当している。

追加費用に見合う走りを与えてくれるのか、確かめてみたい。

 
最新試乗記