新型テスラ・ロードスター 欧州初披露 グランド・バーゼルにて

公開 : 2018.09.05 12:24  更新 : 2018.09.05 12:24

テスラは新型ロードスターを、グランド・バーゼル・モーターショーで欧州初披露しました。0-97km/h加速1.9秒、最高速度は402km/hという圧倒的なパフォーマンスを誇ります。すでに初期車両の予約受付が開始され、その価格は25万ドル(2790万円)です。

もくじ

最高速度400km/h超
EV史上最長の航続距離
高度な自動運転装備も
テスラ・ロードスターのライバルたち

最高速度400km/h超

テスラはグランド・バーゼル・モーターショーにおいてロードスターの欧州初公開を果たした。

昨年発表された完全電動4シーターのロードスターの最高速度は402km/hを超えるといわれている。今回スイスのイベントで初めて一般公開された。ただし展示された車両はデザインシェルと見られている。

イーロン・マスクCEOはこのクルマの公開後、新型ロードスターは「ベースモデル」であり、より高性能な仕様が追って発売されると語った。このローンチ版は3基のモーターにより1020kg-mのトルクを発揮し、0-97km/hの加速はわずか1.9秒とモデルS P100Dよりも0.5秒速い。

マスクはこのクルマがテスラ初の市販車であったロードスターの後継車だという。0-161km/h加速は4.2秒、ゼロヨンは8.9秒だ。彼によれば、高性能版の開発には安全性への懸念もつきまとうという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事