最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 後編 回顧録

公開 : 2018.09.24 16:10

フォードフィエスタ・マウンチューン140

もしかするとこのマウンチューンのフィエスタは、今回のテストにおける究極の詐欺師かもしれない。そのままでもすでに十分素晴らしいクルマであるフィエスタ・ゼテックSは、20万円の追加出資でさらに速く、さらにダイナミックなクルマへと変身した。すなわち最高に楽しいフィエスタに仕上がっているのである。

ノーマルの礼儀正しさをそれほど損なうことなくそれを実現できたという事実こそ、このクルマがこの場にいる実質的な最大の理由である。そうでなかったらわれわれは、ありとあらゆるチューンアップ仕様のホットロッドどもをここへ招待しなければならなかっただろう。

同様に、どこであれフォードの公認ディーラーに行けば、所有しているゼテックSをマウンチューン140へと改造できるという知識も、このクルマへの信用を確かにする重要な判断材料のひとつだ。

当然ながら乗って最初に気づくのは、そのエンジンが放つ特別なサウンドとパワーである。それこそがある程度の威嚇的な雰囲気というまでもなく強力な動力性能を生み出し、このフィエスタをショールームに並ぶノーマルモデルとは別物にしている根源だ。さらに、サーキットへと舞台を移すとすぐにハンドリングの切れ味がさらに向上しているのに気づくが、なによりもターンインの挙動がまったく異なっている点が印象的だ。

どのコーナーを抜けるときでも、それがどんな速度であれ、マウンチューンのノーズはぴたりとラインをとらえて放さない。ターンインがあまりにもシャープなので、リアエンドがきちんと追従してくれるのかが不安になるほどだ。

しかし、リアも間違いなくラインを外さない。マウンチューンがどれだけ高速でコーナーに進入できるかがわかってくれば、とんでもないタイムでサーキットを周回できるようになるだろう。もっともそのためには相応の度胸も必要だが。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×