実車 ホンダ・パスポート 北米ホンダ、中型SUV市場の切り札か LAショー

公開 : 2018.11.29 20:40

「ホンダ・パスポート」の実車写真が、LAショーの会場から届きました。北米ホンダは、ジープやトヨタのライバル車からマーケットを奪えるのでしょうか。写真10枚をご覧ください。

3.5ℓi-VTEC V6搭載

ホンダのSUV、パスポート新型が、ロサンゼルス・モーターショーで発表された。

アンヴェールに際し、アメリカン・ホンダ乗用車部門のシニア・バイスプレジデント、ヘニオ・アーカンジェリが登壇。新型パスポートが来年前半に北米でローンチされ、現在ホンダが争っていないセグメントに進出することになると語った。

CR-Vよりも大きくパワフル。北米のファミリー層に向けたモデル「パイロット」よりはパーソナル志向でスポーティという立ち位置。発表会ではグランドチェロキートヨタ4ランナー(ハイラックスサーフ)の名前が、ライバルとして挙げられていた。

トップグレードのパスポート・エリートには、「i-VTM4」という4WDシステムが標準搭載されることも明かされた(スポーツ、EX-L、ツーリングはオプション)。発生するトルクの最大70%を後輪に配分することができ、FF仕様とは異なりスノー、マッド&サンドといった様々な条件に対応するドライブモードが備わるという。

また全グレードにホンダのセーフティ・システムが標準装備され、これにはレーンキープ・アシスタンス、アダプティブ・クルーズコントロール、低速域の自動緊急ブレーキが含まれる。

現在のところ、英国をはじめとしたヨーロッパにパスポートが導入される計画はない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

LAモーターショー2018の人気画像

×