スコダ・オクタビアvRSをスクープ

公開 : 2013.04.27 19:00  更新 : 2017.06.01 01:52

ニュルブルクリンクで次期スコダ・オクタビアvRSがテストしている光景を捕えた。その写真からは、オクタビアのトップ・モデルたるvRSは、他のモデルと異なるスタイルが与えられていることがわかる。

台形のテール・パイプ、よりスポーティなルックスとなったフロントとリア・バンパーが与えられ、ホイールは新しいフォルクスワーゲン・ゴルフGTIに見られるプロペラ・スタイルのものとなっている。また、赤いブレーキ・キャリパーも特徴だ。更に、リアには小さなテール・スポイラーも見られる、

エンジンは新しいゴルフGTIと同じ2.0ℓ4気筒ターボのEA888で、前モデルよりも20bhp大きい217bhpを発揮する。トランスミッションは6速マニュアルまたは7速DSGが組み合わせられる。前のオクタビアvRSに用意されていたディーゼル・モデルが今回は用意されるかどうかは不明だ。

vRSはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビューし、7月には英国のショールームに届けられる予定だ。価格は、23,000ポンド(350万円)程度となろう。

関連テーマ