回顧録 フェラーリ3台比較試乗 進化の足跡と最新モデルの実力 前編

公開 : 2019.01.22 10:40  更新 : 2019.01.24 11:39

孤高の存在たるエンツォ

ドラマティックなほどに長いフロントオーバーハングに加え、運転席セルを車体中心部に配置させようとした明確な意図によって、このクルマは実にユニークなプロファイルを得た。サイドビューを見れば、それが数百メートル離れたところからだったとしてもエンツォだと即答できる。

テールランプクラスターのデザインや、何より空気を左右に切り裂きながら加速していこうという意志が込められたかのような個性的なノーズは、どこのどんなクルマにも似ていない。それは同時に、エンツォがほかのいかなるフェラーリとも違った孤高の存在だと思える最大の理由でもある。

そんな現代的なかつ攻撃的なエンツォに比べ、F40はまるで時代の違うクルマだと見た瞬間にわかる。それは当然といえば当然ではあるが、しかしその基本的な流儀には458との共通点も多い。

どちらもエンツォの角張った攻めのルックスとは対照的な、洒落っ気たっぷりで古典的プロポーションに重きを置いたクルマである。以前、初めてこの3モデルを並べる機会を得たときにご登場いただいたF40は、2年間におよぶ徹底的なレストアを終えてオーナーの手に戻ったばかりの個体だったから、余計にそう感じてしまう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記