アストン マーティン・ラゴンダ EVの自動運転SUV披露 2022年〜生産予定

公開 : 2019.03.05 20:21  更新 : 2019.03.05 20:21

アストン マーティンは、ジュネーブモーターショー2019で、自動運転の技術を組み込んだSUVコンセプト「ラゴンダ・オールテレイン・コンセプト」を披露し、将来のビジョンと併せてこだわりを紹介しました。

もくじ

極めてスタイリッシュかつ豪華めざす
エクステリアの特徴
インテリアの特徴とビジョン

極めてスタイリッシュかつ豪華めざす

アストン マーティンは、ジュネーブモーターショー2019で、ラゴンダ・オールテレイン・コンセプトを初公開し、電気自動車に特化したラグジュアリー・モデルの開発をさらに前進させることを宣言した。

ラゴンダの生産は、アストン マーティン・ラゴンダにとって「電動化の拠点」となる、最先端のセント・アサン工場(ウェールズ)で2022年から開始される予定。

先進的なバッテリー式電気駆動システムをはじめとする近未来のテクノロジーを使用して開発されたラゴンダ・オールテレイン・コンセプトは、極めてスタイリッシュかつ豪華な電気自動車を目指したという。

昨年発表されたラゴンダ・ビジョン・コンセプトのデザインとマテリアルをさらに進化させると同時に、あらゆる地形を走破可能なSUVモデルとしての資質も備えているという。

アストン マーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは、次のように述べている

「わたしたちは、オールテレイン・コンセプトとともに、非常にエキサイティングな新しい冒険に乗り出します。ラゴンダは、電気自動車に特化したラグジュアリー・ブランドとして、車両の生産を計画しています。このコンセプトカーは、オーナーの方々を、自宅から華やかなレッドカーペットの会場や、遠く離れた科学研究所へとスマートに送り届けてくれるクルマです」

「ラゴンダ・ブランドの大きな可能性を示すと同時に、テクノロジー、デザイン、航続距離を含むあらゆる分野で、ラゴンダがどのようにして新たな地平を切り開くのかを体現しています」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事