長期テスト フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(7) ライトサイジングの効果大

公開 : 2019.04.03 17:40

ナビは不満だが、見切りの良さを再確認

今回はほかにもいくつかの発見があった。GTIのナビはいわゆる「ナビルート」を提案しがちだ。ご存じの通り、地図上では大きな通りに見えても実際に走ってみると一車線で、雑草すら生えていることもある。こんな時に対向車が来たら気を遣うものだ。

以前マクラーレン650Sに乗っていたときにもこのような道にはまったことがあり、逆走してなんとかその道から抜け出そうとした。このときはうまくいかず、垣根に突っ込んでしまったのだった。しかし、今回はそのようなことにはならなかった。GTIは軽量で、俊敏。見切りが良く扱いやすいので、このような道をバックで100mほど戻っても、ストレスは一切感じなかった。

今回の旅では収納スペースもいろいろと試すことができた。最も使いやすかったのはアームレスト下の収納だ。ふたの高さが調整可能なので、道中でランチを買って入れるのにもってこいだ。余裕で収納できると思ったので思わずLサイズを注文してしまった。やはりエンジンはライトサイジングできても、食事の量の方は難しいものだ。

好きなトコロ

快適なシート

1カ月で2900kmほど走ったが、しびれや膝の痛みなど感じたことは一度もなかった。

嫌いなトコロ

ブラックのアロイホイール

誰かが傷をつけてしまったようで、かといって隠すこともできない。

テスト車について

モデル名:フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
新車価格:2万8320ポンド(434万円)
テスト車の価格:3万2520ポンド(499万円)

テストの記録

燃費:16.2km/ℓ
故障:無し
出費:無し

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事