フォード・フォーカス1.6 TDCi エコネティック・ゼテック

公開 : 2013.05.17 15:19  更新 : 2017.05.29 18:55

■どんなクルマ?

フォルクスワーゲンのブルーモーションに対抗する、フォード・フォーカスの新しいバージョンが、このエコネティックだ。エコネティック・ブランドのひとつである1.6ℓのデュラトルク・ディーゼルは、新しいエンジンではないが、フォーカスに搭載されるにあたってブルー・オーバルのエンジニアによる見直しが行われ、今までのどのフォーカスよりもロー・エミッションなパワー・ユニットとして積まれることになった。

コモンレール・フューエル・インジェクション、可変ジオメトリー・ターボチャージャー、冷却システム、ファイナル・ドライブ・レシオなどが燃料効率を上げるために修正されている。そのパワーは、他のフォーカスに搭載されているデュラトルク・ユニットよりも10bhp低い。しかし、ピークトルクの値は27.5kg-mと変わりないままだ。そしてその燃費は27.0km/ℓをマークする。

今回試乗したのは豪華なゼテック・トリムだったが、シンプルなエッジ・トリムにエアロダイナミック・パッケージ(アクティブ・グリル・シャッター、アンダーボディ・シールディング、超低抵抗タイヤのセット)をつければ、その燃費はハイブリッド・モデルに近い29.4km/ℓとなり、CO2排出量も88g/kmとなる。

■どんな感じ?

制限速度内で走るには静かで、しなやかで、実用的なクルマである。それは、われわれがテストした以前のバージョンのフォーカス・デュラトルクとほぼ同じ印象だ。ただし、スタートはそんなに得意ではない。というもの、全体的に低回転を使用するハイ・ギアードなセッティングだからだ。しかし、エコ・モードであってもフレキシビリティは非常に高い。

1速、2速ギアで2500rpm以下は静かではあるが、若干オーバー・ワーク気味であると感じられる。しかし、一旦スピードに乗ってしまえば、その上の4つのギアでは不満はない。

高速道路では、例えば4速48km/h、5速64km/hといった巡行では、デュラトルク・エンジンはステアリング・ホイールに荒々しい振動を与える。しかし、その振動と引き換えの利点もある。約80kmのテスト・ルートでの燃費は22.1km/ℓを実測したのである。1350kgのハッチバックが、それだけの燃費をもたらしたことは、実に印象的だ。

■「買い」か?

クルマにパワーを求めるのであれば、エコネティックは相応しいクルマとは言えない。このモデルは、単純に優れた燃費をもつ単細胞生物にも例えられるかもしれない。このエコネティックは、1.0ℓ3気筒のエコブーストよりも遥かに安いライニング・コストを誇る。燃費の良い5ドアのディーゼル・ハッチバックを望むのであれば、まさにピタッリな1台であろう。

(ニック・カケット)

フォード・フォーカス1.6 TDCi エコネティック・ゼテック

価格 £19,145(298万円)
最高速度 186km/h
0-100km/h加速 11.8秒
燃費 27.0km/ℓ
CO2排出量 99g/km
乾燥重量 1350kg
エンジン 直列4気筒1560ccディーゼル
最高出力 103bhp
最大トルク 27.5kg-m
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事