ポルシェ、2ドア・パナメーラを開発中? クーペ/カブリオレ BMW 8シリーズに対抗

2019.04.26

サマリー

ポルシェがパナメーラをベースにした2ドア・モデルを開発しているというレポートです。それもクーペとカブリオレを。ライバルはBMW 8シリーズです。

911より実用性の高いモデルに

ポルシェが、パナメーラの2ドア・モデルを開発しているようだ。それもクーペとカブリオレを検討しているという(トップ画像はAUTOCARの予想イラスト)。

これが実現すれば、BMW 8シリーズやアストン マーティン・ヴァンテージのライバルとして、市場を争うことになる。

報道によると、ポルシェがパナメーラの2つの派生モデルを開発しており、来年発表する計画であることを、同社の幹部は否定しなかったという。これらのモデルは911より室内が広く、実用性も高いが、4ドアのパナメーラとは違って4シーターではなく2+2シーターになると思われる。

その可能性についてポルシェのデザイン部門を率いるマイケル・マウアーに尋ねたところ、オリジナルのパナメーラをデザインした人物は次のように答えた。

「デザイナーとしてわたしは想像力に限界はないと思っています。デザイン部門の仕事として、全てのモデルで将来的な可能性を検討し、スケッチを描いています。だからそんなプロジェクトが議論されることになっても、われわれは既に準備ができています」

「しかし、こうしたプロジェクトが実際に進行中であるかと尋ねるなら、落胆させることになるでしょう。それを検討するのはわたしの仕事ではないからです」

採用される車体構造に関連して、ベントレーのモデル名も挙がっている。

 

人気記事