ジャミロクワイ ジェイ・ケイ所有のミニ、オークションへ 個性的な改造に注目

公開 : 2019.05.08 11:10  更新 : 2020.12.08 18:39

車内に入るとファンキーな気分に

W32 ANOというナンバーで登録されたこのクーパー・スポーツを、最初に購入したオーナーは明らかにされていない。ジェイ・ケイはオリジナルの1.3ℓ直列4気筒エンジンを搭載するこの小型ロケットを、2008年に手に入れたという。

快活なエンジンはおそらく、このクルマで唯一のスタンダードだろう。エクステリアのルックスは平凡だが、その車内は ‘クラブ・スポーツ’ というよりも、 ‘ジャズ・クラブ’ というべき仕様に仕立てられている。

このクーパー・スポーツは、いくつかの理由から「チャックルズ」という愛称で知られている。そのアップグレードされた個性的なインテリアは、間違いなく好き嫌いが分かれるだろう。

シートはもちろん革張り。だが、それ以外は一般的なミニの座席とはまったく異なる。まるで紫煙が漂ういかがわしいナイトクラブにあるチェスターフィールド・ソファのようだ。全ての座席はダークレッドのカウハイドレザーで覆われ、アームレストが備わる。

それだけではない。ドアパネルには大きくて重いスピーカーが装着されており、きっとジャミロクワイの曲に最適なサウンドが聴けるはずだ。

キャビンは隙間なく赤いファブリックが張られ、足元には分厚いパイル地のカーペットが敷き詰められている。ジャミロクワイの歌詞にあるように、踵には『キャンドヒート』が感じられるに違いない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事