新型BMW X6発売 カイエンクーペなどに対抗 最上位M50iは530ps

公開 : 2019.07.03 11:55

BMWはカイエン・クーペやアウディQ8などに対抗するX6をモデルチェンジして発売しました。スタイリングやエンジンなどが大きく変更され、新しいX5などと同様の大型キドニーグリルを採用、エンジンはガソリンおよびディーゼルが2種類ずつ用意されます。

もくじ

X5やX7とともに発売
X5と共通点多数

X5やX7とともに発売

BMWはデザインおよびエンジンをリフレッシュした3代目X6を発売した。このモデルは最近発売されたX5やX7などと並んで販売される。当初のラインナップにはガソリンのxドライブ40iおよびM50i、それにディーゼルのxドライブ30dおよびM50dが設定される。

価格設定についてはアナウンスされていないが、エントリーモデルのxドライブ30dでは6万3000ポンド(854万円)、M50dでは7万5000ポンド(1016万円)程度となりそうだ。

ガソリン仕様の最上位となるM50iは4.4ℓのV8ターボを搭載し530ps、76.5kg-mを発生する。0-100km/h加速は4.3秒、最高速度は250km/hとなり、燃費は9.6km/ℓだ。一方xドライブ40iには340psの3.0ℓの直列6気筒ターボが搭載され、0-100km/hは5.5秒となる。

ディーゼルのM50dには3.0ℓクワッドターボ・ディーゼルが採用され、400ps、77.4kg-mとなり、0-100km/hは5.2秒、最高速度は250km/hだ。燃費は16.4km/ℓとアナウンスされている。英国で最も人気が予想されるxドライブ30dは3.0ℓのV6ターボ・ディーゼルで、265ps、63.2kg-mを発生、0-100km/hは6.5秒で最高速度は230km/hとのことだ。全グレードに8速のトルクコンバータ式ATが搭載される。