海外試乗

2019.01.06

ロードテスト アウディQ8 ★★★★★★★★☆☆

アウディQ8 50TDI Sライン

テスト日 : 2018年9月26日

価格 : 6万3745 ポンド(924万円)

編集部より

フォルクスワーゲン・グループのMLBプラットフォームをベースにしたアウディQ8。アウディQ7の他に、ランボルギーニウルスやポルシェ・カイエンなど、同グループのSUVは増える一方ですが、どれほどの特徴を備えているのでしょうか。検証します。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★☆☆☆
内装 ★★★★★★★★☆☆
走り ★★★★★★★☆☆☆
使い勝手 ★★★★★★★★☆☆
乗り味 ★★★★★★★★☆☆
購入と維持 ★★★★★★★★★☆
スペック
結論 ★★★★★★★★☆☆

はじめに

現代において、まっさらな状態から乗用車のフラッグシップモデルをデザインする際、どれほどの市場が車高の高いスタイリッシュなSUVを望んでいるのだろうか。 いまのニューモデルのリリース状況を見る限り、SUVを望まないひとの方が少ないのかもしれない。

今回のロードテストで検証するアウディQ8もそんな1台。アウディのトップモデルであり、クーペ風のスタイリングをまとったラグジュアリーSUVだ。どちらかといえばコンベンショナルなスタイリングを持つ、アウディQ7との類似性も感じざるを得ない。このラグジュアリーSUVという市場は成熟しつつあり、既に何台かの人気モデルも存在する中に、さらに新たに追加されたことになる。その強豪モデルと比較することで、面白い発見はあるだろうか。

長年に渡ってアウディのショールームの王者に君臨してきたのが、A8だったが、2006年にスーパースポーツカーのR8が登場して、その座を譲った。どちらも非常に面白みのあるクルマだ。そして第3番目となるアウディの「8」が登場することになった。リムジンでもスポーツカーでもなく、大きなSUV。新しいリーダーは、どれほどのカリスマ性を備えているのか、評価する機会となる。

アウディによれば、Q8のミッションは、大型のSUVが備える快適性や利便性、実用性の高さと、ラグジュアリー・クーペの持つエレガントさを融合させることだという。しかし、似通ったコンセプトを掲げたクルマをこれまで何台か試してきたものの、AUTOCARのテストに限ってみれば、充分な評価は得られていないことは熱心な読者ならご存知だろう。

大きなボディを持ち、利便性に優れ、車内空間にも余裕があるクルマをスタイリッシュにすると、アピアランスとしては良いかもしれない。しかし往々にして、車内空間は狭くなり利便性が犠牲になる反面、運転する楽しさが大きく付加されることは珍しい。

でも実際は、こういったクルマのオーナーは、ドライバビリティがどうとか、リアシートの空間がどうとか、さほど気にかけていないようでもある。実際、BMW X6シリーズの販売台数は通算で50万台に迫り、今後もモデルチェンジを繰り返していくだろう。果たしてBMWを持ってしても得ることができなかったものを、アウディは獲得することができたのだろうか。早速テストと行こう。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新初試乗

人気コンテンツ