オープンカー なぜ電動開閉式ハードトップ減少? ソフトトップ復活の背景

2019.07.03

サマリー

最近、電動開閉式ハードトップのオープンカーが少なくなりました。いっぽうで、ソフトトップが復活してきています。それぞれの長所と短所、それに代わるものを考えました。

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

もくじ

日本車の電動開閉式ハードトップは絶滅
デザイナー語る 電動開閉式ハードトップ減少 ソフトトップ復活の理由
ハードトップにも長所 ソフト/ハードの代わりも
ソフトトップならではの情緒も大切にしたい
静かに増えてきた求めやすいソフトトップのバリエーション

日本車の電動開閉式ハードトップは絶滅

クルマ好きが欲しがるカテゴリーにオープンモデルがある。簡単にいえば屋根が開閉するクルマだが、天気の良い日に開いた状態で走ると、運転感覚がとても楽しい。

走り慣れた自宅近くの道も、印象が大きく変わる。日常的な普通の移動をドライブに変えるのが、オープンモデルといえるだろう。

第二次世界大戦前の乗用車は、大半がフレーム構造だから、4ドアでもフェートンと呼ばれるコンバーチブルのオープンモデルがあった。職業ドライバーが運転する高級車には、前席がソフトトップのオープン、後席はハードトップのクローズドボディという形状も見られた。馬車に準じたスタイルでもあるだろう。

近年になってモノコックボディが中心になると、フェートンのような4ドアのオープンモデルは大幅に減り、2ドアボディになった。

それでもロードスターやスパイダーと呼ばれる2シーターのオープンスポーツカーと、後席を備えた4シーターのコンバーチブルやカブリオレに大別される。

2シーターのスポーツカーは、日本車ならマツダ・ロードスター、輸入車ならポルシェ・ボクスター、BMW Z4などがお馴染みだ。

4シーターのオープンモデルは、日本車では皆無になったが輸入車は豊富だ。コンパクトなミニから、メルセデス・ベンツのC/Eクラス、BMW 2/4シリーズまで、幅広くラインナップしている。

最近は世界的に2ドアのクルマが減少する傾向にあるが、輸入車も含めると、オープンモデルの選択肢は今でも意外に残っている。

なぜそうなったのか? デザイナーに聞いてみた。

 

人気記事