BMW 4シリーズ Mパフォーマンス

公開 : 2013.07.19 18:15  更新 : 2017.06.01 02:16

BMWは2014年前半に4シリーズ・クーペにレトロフィットなMパフォーマンス・パッケージをラインナップに加える。これは、最近生産が終わったM3クーペにかわる来るべきM4クーペを示唆するモデルでもある。M4は、2014年1月のデトロイト・モーターショーでデビューするとAUTOCARは予想する。

4シリーズMパフォーマンス・パッケージは、アグレッシブなエクステリアを与えられたボディ・キットと、アップグレードされたインテリア、サスペンションのリファインと新しい20インチ・ホイールを履く。また、パワーも若干ながらアップされている。

Mパフォーマンス・パッケージのボディは、Mディビジョンによって開発されたもの。カーボンファイバー製フロント・スプリッターを含む深いフロント・バンパーや、拡大したエア・ダクト、LEDが仕組まれたキセノン・ヘッドランプ、ブラック・クローム・トリムが施されたフロント・グリル、ウインドーまわり、テールパイプや、カーボンファイバー製のミラーハウジング、ワイドな知る、カーボンファイバー製のブートリッド・スポイラー、リア・ディフューザーの組み込まれたリア・バンパーなどで構成される。

インテリアは、フランクフルト・モーターショーで公開する予定の新しい3スピーク・ステアリングと、新しいスポーツ・シートが装備される。

BMWはMパフォーマンス・パッケージが、420dクーペでは16bhp、4kg-mパワーアップし、428iクーペでは27bhp、4.0kg-mアップすると公表している。また、トップ・レンジの435iでは、34bhp、5.1kg-mパワーアップした336bhp、45.9kg-mになるという。

BMWはこの3つのエンジンとも、ソフトウェアが更新され、新しいエグゾースト・システムを備えるしている。

 

人気記事