【世界屈指のハイパフォーマンスSUV】レンジローバー・スポーツSVR 国内試乗

公開 : 2019.12.31 20:50

レンジローバーらしい乗り味

ボルスターの張り出しがいかにもオンロード志向であることを伺わせるヘッドレスト一体型のシートに座る。豊富な調整機能が用意されており、見た目のいかつさの割には窮屈さは感じない。

そして視界はレンジローバーのそれらしく、気持ち高めで前端見切りがよく、左右方向の抜け感も心地よい。

21インチアロイホイールを標準装備するが、オプションで22インチも選択可能。
21インチアロイホイールを標準装備するが、オプションで22インチも選択可能。

エンジンをスタートすると響き渡るドスの効いたV8サウンドにちょっと身構えるが、その走り出しは実に繊細だ。

適度な重みのアクセルペダルにゆっくり力を込めれば路面を優しく掴みながらじんわりと速度を上げていく。同様にブレーキも効きの立ち上がりが穏やかで、踏力にリニアに反応する。

悪路では一発のスリップが命取りになることをよく知る彼らならではの見識ある設えのおかげで、レンジローバースポーツSVRは低速域でも速度調整がのしやすく、街中でも所作麗しく乗員にも優しい加減速が容易に引き出せる。

また、オプションの22インチに件の極太低扁平タイヤを合わせていながら、低中速域での乗り心地が努めて穏やかなところもレンジローバーブランドらしさといえるだろう。

さすがに鋭い凹凸になるとタイヤの縦バネ特性が入力のインパクトを強めるが、路面のパッチや目地段差などでいちいち不快な思いをすることはない。

車体を大きく揺すられるうねりなどでのたっぷりしたサスのストローク感や支持剛性もまた、悪路耐性を土台にした足まわりの余裕を感じさせる。

関連テーマ

 
最新試乗記