【価格/サイズ/内装/燃費は?】ホンダ新型アコード 発売日は2/21 ハイブリッドはe:HEV

公開 : 2020.02.20 11:00

新型ホンダ・アコードの価格が判明。2モーター・ハイブリッド「e:HEV」を搭載し、465万円です。内装、サイズ、燃費を解説します。

はじめに 新型アコードとは

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

2月20日、ホンダはアコードをフル・モデルチェンジして21日から発売すると発表した。アコードは、ホンダを代表するアッパーミドルクラスのセダンだ。

初代はシビックの上級モデルにあたるハッチバックとして1976年にデビューし、翌77年にセダンが追加される。2代目以降はセダンのみとなり、代を重ねるごとにサイズアップしていき、日本だけでなく北米やヨーロッパ、アジア、オセアニアなど世界の120を超える国と地域で、累計2000万台(2020年2月現在、ホンダ調べ)が販売されている。

新型アコードEX(プラチナホワイト・パール)
新型アコードEX(プラチナホワイト・パール)

今回のモデルは10代目にあたり、2017年10月に米国で発売され、すでに北米をはじめ南米、中国、オセアニアなどで販売されている。2018年1月には、北米カー・オブ・ザ・イヤーも受賞。日本でも昨年夏にホームページで先行公開され、東京モーターショーにも参考出品されていた。

車名のとおり「人と時代の調和」を目指す新型アコードのプロフィールを解説していこう。

新型アコード 外観

エクステリアは、磨き上げた走りの性能からイメージを膨らませ、動体としての在るべき姿を追求したスタイリングで、アコードならではの上質感や走りのパフォーマンスを表現している。

ロングセラーモデルとしての自信を感じさせる力強く端正なフロントフェイスや、スポーティな走りを実現させ、ゆるぎない安定感を創出する低重心なプロポーションが特長だ。

新型アコードEX(プラチナホワイト・パール)
新型アコードEX(プラチナホワイト・パール)

新型アコードのボディサイズは、全長×全幅×全高が4900×1860×1450mm。

フロントでは、最近のホンダのセダンの共通モチーフであるクロームバーとインラインタイプのLEDヘッドライトを一体デザインとして、ブラック基調の逆台形グリルを組み合わせたマスクが目を引く。

サイドビューはクーペ風の6ライト・スタイルを採用。ホイールベースは従来型より55mm延長され、ロングノーズ化しながらショートオーバーハングでスポーティなプロポーションを生み出している。

リアは横基調のコンビネーションランプと、絞り込まれたトランクのリップやバンパーのエッジなど、ディテールまで磨き上げられている。

新型アコード 内装

インテリアはコンサートホールをイメージした。

水平基調のインパネは薄型の3層構造で、安心感と爽快感を両立させている。またフロントピラーの下端を後方に引くとともにスリム化して、水平視野角を従来型より約10%拡大。

新型アコードEX(インパネ・本革シート/アイボリー、ドアライニング/ブラック)
新型アコードEX(インパネ・本革シート/アイボリー、ドアライニング/ブラック)

ゼルコバウッド(ケヤキ)調のパネルや、プラチナクロームメッキ仕上げのエアコンダイヤルやドアハンドルなどで、高品位な室内空間を創出している。

メーターは大径2眼タイプで7インチのカラー液晶パネルも組み合わせ、ヘッドアップディスプレイも備える。ステアリングは、しっとりと手になじむ握り心地の本革巻き。ギアセレクターは上級モデルのレジェンドやNSXも採用しているスイッチ式で、先進的な見え方と優れた操作性を両立させている。

シート地は本革を標準装備。フロントは背もたれを従来型より125mm高く設定して上部をタイトに絞り込み、サイドサポートのフロント面をサイド側へツイストさせて、視覚的な爽快感とスポーティイメージを創出しながら、後席からの抜けの良い前方視界を提供する。

リアシートも背もたれの高さを延長し、ゆとりの着座姿勢を実現している。

また後述のようにハイブリッドシステムのレイアウトを検討し、トランク容量はハイブリッドセダンではクラストップの573L(VDA)を確保している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像