【称賛したくなる624psの恐竜】BMW X6 Mコンペティションへ試乗 V8ツインターボ

公開 : 2020.03.10 09:50  更新 : 2020.03.11 21:48

息を呑む圧倒的なパワーとダッシュ力を誇るBMW X6Mコンペティション。しかし高純度のMモデルらしい、洗練されたドライビングフィールや、日常的な乗り心地は得られていないとする英国編集部。アメリカで評価しました。

もくじ

4.4L V8ツインターボから624ps
アウディRS Q8より24psもパワフル
息を巻くほどのコーナリング能力
恐竜的でも褒めずにいられない技術力
BMW X6 Mコンペティションのスペック

4.4L V8ツインターボから624ps

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
少し前から、積極的な電動化技術の導入を示唆してきたBMW Mディビジョン。だが前時代的な内燃エンジンの寿命が尽きたとは考えていないようだ。

最新のX6Mコンペティションがそれを物語っている。ミュンヘンを拠点とする自動車メーカーがこれまで生み出した中で、最もパワフルでダッシュ力に優れる、ツインターボの量産SUVなのだから。

BMW X6 Mコンペティション(北米仕様)
BMW X6 Mコンペティション(北米仕様)

このハイパフォーマンスSUVは、すでに不満のない性能を誇るX6 M50iをさらに増進させたようなクルマ。メカニカルな部分では、基本的に実用性で勝るBMW X5 Mと共有している。生産されるのは同じアメリカ・サウスカロライナ州のスパルタンバーグ工場となる。

大きな車体に搭載されるエンジンは、電動化技術の導入が進む中にあって、純粋なツインターボの4.4L V8。最高出力もM5やM5コンペティションと同等の数字を叩き出す。

Vバンクの内側に交差するクロスバンク・マニフォールドと、ダブルバノス・バリアブルカムシャフト・タイミング機構、バルブトロニック・フル・バリアブル・バルブタイミング機構という先進技術を総動員。高回転ユニットとして調律され、最高出力は標準のX6 Mでも600psとなる。

さらにハイチューンの電子マッピングなどを加え、英国で提供されるX6 Mコンペティションの場合は24ps増しの624psを誇る。最大トルクは共通の76.1kg-mで、1800rpmから5800rpmの回転数で生み出す。

アウディRS Q8より24psもパワフル

最新のBMW X6 Mコンペティションは、先代のフラッグシップモデルのX6より49psも増強。X6 M50iと比べると94psもパワフルになった。

額面ではポルシェ・カイエン・クーペ・ターボと比べると75ps、アウディRS Q8よりは24psも勝る。どちらも同じツインターボの4.0L V8エンジンを搭載する、ブランド違いのライバルSUVだ。

BMW X6 Mコンペティション(北米仕様)
BMW X6 Mコンペティション(北米仕様)

トランスミッションは、トルクコンバーター・タイプの8速ATで、ステアリングホイールにシフトパドルが付く。さらに左右の後輪でトルク配分を変化させる、Mディファレンシャル付きの4輪駆動システム、M xドライブを採用する。

BMWらしく、トルク配分は明確に後輪駆動ベース。「リアタイヤが許容できるパワーが限界に達し、さらに追加の牽引力が必要な時に限って、フロントタイヤへトルクが伝わります」 と、Mディビジョンは説明する。

足腰まわりには、X6 M50iから剛性を高めるために前後にブレースバーを追加。トレッドが広げられ、フロントタイヤのキャンバー角は強められた。モーターによってボディロールを制御するシステムにも変更が加えられ、さらにコーナーリング時の姿勢が水平に保たれる。

ホイールはフロントが21インチでリアが22インチと、異径。タイヤはフロントが295/35 ZR21で、リアが315/30 ZR22と、スーパーカーサイズだ。

もし精妙さをクルマに求めるなら、別のMモデルを考えた方が良い。X6 Mに強く惹かれる人もいるとは思う。しかしドライビング体験は、ダイレクトな精密さとは別のところにある。

関連テーマ

 
最新試乗記