【ワゴン登場へ】VWアルテオン・シューティングブレーク 開発車両を撮影

公開 : 2020.03.10 09:37

フォルクスワーゲン「アルテオン・シューティングブレーク」の開発車両を撮影。なかなか流麗なスタイリングです。今年後半に登場すると考えられます。

2021年型に追加か

フォルクスワーゲンは、上級セダンのアルテオンに、ワゴン・タイプを導入する予定だ。今年後半に計画されている、2021年モデルへのアップデートに合わせて追加される。

モデル名は、アルテオン・シューティングブレークになると考えられる。その開発車両が、ほとんどカモフラージュのない姿で走る様子を、初めて撮影することに成功した。

フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレークの開発車両
フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレークの開発車両

低く構えたフロントセクション、長いホイールベースというプロフィールはセダン・ボディから受け継がれている。大きく異なるのは、長く伸びるルーフと、アップライトなリアセクション。

パサート・ワゴンとプラットフォームを共有するものの、より上級の客層に向けて開発されている。スリークなデザインと内装のクオリティで差をつけるわけだ。

インフォテインメント刷新

撮影されたプロトタイプのウインドウラインは、パサートのものに似せているが、リアエンドに向かって異なる弧を描いている。

また、現行型アルテオンのインフォテインメント・システムとコントロール・パネルは、新型ゴルフに搭載される新しいタッチスクリーンに変わると考えられる。

フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレークの開発車両
フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレークの開発車両

それ以外のスタイリングは大きく変更されないようだ。しかし、ブレーキライトとフロントスプリッターは新たなデザインを採用するように見える。

アルテオンRにもワゴン?

アルテオン・シューティングブレークのエンジンに関する情報は、現在のとろこ入手できていない。

欧州市場向けには、セダンと同じ2.0Lガソリンとディーゼルを用意し、四輪駆動モデルも登場することになるだろう。

フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレークの開発車両
フォルクスワーゲン・アルテオン・シューティングブレークの開発車両

さらに、アルテオンRのワゴン・タイプがラインナップに遅れて加わると考えられる。こちらには、EA888型2.0Lターボが搭載され、334psを発揮することになるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲンの人気画像