【祝 56周年】マスタング 世界一売れたスポーツカーに 昨年10万台を販売

公開 : 2020.04.20 19:53

「フォード・マスタング」が昨年、“世界一売れたスポーツカー”になりました。2019年は10万台を販売。フランスでは、台数が倍増しています。欧州ではクーペ、オープンに加えて、マスタング・ブリットが売られています。

2015年~ 約63万台を販売

フォード・マスタングにとって、今年の4月17日は56回目のバースデーだ。

そして、この歴史あるモデルは、昨2019年に世界でもっとも売れたスポーツカーとなった。また、世界のベストセラー・スポーツ・クーペとして5年連続で栄冠を手に入れたことになる。(IHS Markit調べ)

4月17日はマスタング・デー。2020年のこの日は、56回目のバースデーとなった。
4月17日はマスタング・デー。2020年のこの日は、56回目のバースデーとなった。

2015年に世界中に向けて現行型が輸出されるようになって、2019年末までに63万3000台のマスタングが、146もの国々で販売されてきた。2019年については、10万2090台がオーナーのもとに嫁いでいる。

また、アメリカに限って見ると、過去50年にわたりベストセリング・スポーツカーの名を欲しいままにしている。

2019年。マスタングの販売は、ドイツで33%増、ポーランドで約50%増、フランスにいたってはほぼ倍増した。

ヨーロッパ全体では9900台がセールスされ、前年比3%のアップ。イギリスでは1300台が売られている。

欧州においては、クーペとコンバーチブルが販売され、パワートレインは、5.0L V8(449ps)/10速オートマティック、2.3L EcoBoost(291ps)/6速マニュアルという選択肢がある。

これに加えて、460psを発揮する5.0L V8を積んだ「マスタング・ブリット」という特別仕様車が用意され、エンスージアストの熱い視線を集めている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事