【記録的な落札額】マスタング・ブリット 過去最高の3億7000万円で落札 激しい入札争いの末

2020.01.21

100字サマリー

スティーブ・マックイーン主演映画「ブリット」で、サンフランシスコの街を駆け回ったフォード・ブリットが、初めてオークションに出されました。数分間の激しい入札争いの末、3億7000万円で落札されたそうです。

もくじ

高額で落札されたマスタング・ブリット
ブリットの長く複雑な歴史

高額で落札されたマスタング・ブリット

text:Marc McLaren (マーク・マクラーレン)

マスタング・ブリットは、かの有名な1968年の刑事アクション映画「ブリット」で、スティーブ・マックイーンがサンフランシスコの街を駆け回ったフォード・マスタングGTだ。

これまでオークションで販売されたことはなく、過去40年間、ほとんどガレージに置かれたままになっていた。

落札されたマスタング・ブリット
落札されたマスタング・ブリット

1月10日、フロリダ州で開催されたキシミー・オークションに登場したブリットは、数分間の激しい入札争いの末、記録的な入札額340万ドル(3億7000万円)で落札された。

オークションはオセオラ・ヘリテージ・パークで行われ、ブリットは、何百人もの愛好家がその瞬間をとらえようとカメラを構える間を、ゆっくりとステージに向かって入ってきた。

「素晴らしいこの姿を見てください」と、所有者のショーン・キールナンは、ブリットを紹介した。

これまでの2度の売却時の価格を参考に、入札は3500ドル(38万円)でスタートした。

当然ながら、入札価格はすぐに跳ね上がっていき、250万ドル(2億7000万円)で一旦落ち着いたように見えたが、その後急上昇し、300万ドル(3億3000万円)を超えた。

最終的に、340万ドル(3億7000万円)でハンマーが落ち、ブリットは史上最高額のマスタングとなった。

 
最新海外ニュース