【英国に変化を与えた懐かしの日本車6台】ダイハツ・コンパーノ800/トヨタ・コロナ(T40型)/ホンダS800 前編

公開 : 2020.05.23 11:50  更新 : 2020.12.08 11:04

世界最高のクルマを目指したホンダ

ブレーキの操作は少し難しい。充分に強力な制動力を示すが、「オン・オフ」スイッチのように急に効くため。それでも54才を迎える古いトヨタは、日常的に気軽に乗れる、好印象なクラシックモデルだといえる。

トヨタが英国の郊外に姿を表す頃、トライアンフやMG、オースチン・ヒーレーのディーラーは、別の日本車の存在に懸念を示していた。当時のAUTOCARが「小さなロケット」と表現していた、ホンダS800だ。

トヨタ・コロナ(T40型・1965年−1968年)
トヨタ・コロナ(T40型・1965年−1968年)

1960年代、英国人ライダーの多くは、日本製バイクは平均以下だとみなしていた。だが1962年には、英国に設立されたホンダUKが販売するバイクの台数は5桁へと飛躍。そして1963年、ホンダUKは小さなスポーツカーのS500を英国へ持ち込んだ。

創業者の本田宗一郎は、日本でベストのクルマを生み出すと決心していた。「そのためには、世界で最高のクルマを作る必要があります」 と話している。

S500は1964年になるとS600へと排気量を拡大。クーペボディも追加となり、1965年にはS800が導入された。

1966年にロンドン・モーターショーへ姿を表したホンダのオープンカーは、1967年から英国での販売を開始。リアはリジッドアスクルで、フロントにはディスクブレーキが採用されていた。

当時のモータースポーツ誌は強い感銘を受けている。「ローラーベアリングを備えたアルミ製のツインカムエンジンは、鋳鉄製のプッシュロッド・ユニットより、はるかに魅力的です」 と。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事