【クルマ選びの新たな指標?】「ゴルディロックスの原理」を知っているか ホット過ぎずクール過ぎず 前編

公開 : 2020.05.24 11:50

そのクルマの神髄を体現

ゴルディロックスの原理に当てはまるモデルというのはどの価格帯にも登場し得るのであり、時にそれはその車種が存在する理由だとすら思えることもある。

例えば、個人的にBMWが20年近くもミニを作り続けている理由は、ハッチバックモデルのクーパーを抜きにしては考えられない。

中間グレードのEが最高の911だった。現在それはエントリーモデルだ。
中間グレードのEが最高の911だった。現在それはエントリーモデルだ。

ミニというクルマを体現しているのはベースモデルのワンではなく、つねに少しばかりの積極性が必要なものの、依然としてシンプルで分かり易いクーパーというモデルなのだ。

そして、そう思うのはミニとは小さく運転が楽しいモデルでありながら、手ごろな価格のクルマであって欲しいという願いがあるからだ。

ハッチバックモデルのクーパーには、カントリーマンにはないミニらしさが感じられるのであり、こうしたことはどんなモデルにも該当する。

カイエンは非常に有能なSUVだが、個人的には依然としてポルシェと言えば、リアにフラットシックを積んだクーペを意味しているのであり、ポルシェ911にもゴルディロックスの原理に当てはまるモデルというものは存在している。

1970年代初頭、911にはTとE、そしてSというモデルがラインアップされていたが、もっとも人気が高かったのがミッドレンジのEだ。

Sは少しばかりパワフルなエンジンを積んではいたものの、公道ではもっとも重要な中回転域での力強さに欠けるとともに、当然ながらより高価なプライスタグを掲げていた。

関連テーマ