【どうして?】スーパーセブンの記事があると、つい読んでしまう心理 ほかのクルマにない個性

公開 : 2020.06.07 05:50  更新 : 2020.06.07 10:30

細長いボディとそこから張り出したような4つのタイヤ。レトロな雰囲気を醸し出すオープンカーの姿にはきっと見覚えがあるはず。スーパーセブンは、なぜ人々を惹きつけるのか。シンプルな構造と楽しさを深堀りします。

もくじ

軽量スポーツカーをお忘れでは?
自分で作れるレーシングカー
似たような手法で誕生したモデルも
229万円でF1に乗る夢を実現!

軽量スポーツカーをお忘れでは?

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)

あなたがもしスーパーセブンという車名を知らなかったとしても不思議ではない。

だが細長いボディとそこから張り出したような4つのタイヤがレトロな雰囲気を醸し出すオープンカーの姿にはきっと見覚えがあるはずだ。

ケータハム・スーパーセブン
ケータハム・スーパーセブン    Caterham Cars Ltd

アルミニウムの地肌が剥き出しになった胴体はライト兄弟が作った軽飛行機のよう。そのコクピットにすっぽりとハマっているドライバーもまた「紅の豚」のような(クラシックバイク乗りのような?)コスチュームに身を包んでいることが多い。

「近頃の新車はどれも似たようなヤツばっかりでピンと来ない」なんて思っている人がいたら、あるカテゴリーをスッポリと見落としているのかもしれない。

ライトウェイトスポーツカーである。

バックヤードビルダーと呼ばれる小規模メーカーによって手作りされているイギリスの伝統的なスポーツカー。

車重1tを軽く切る彼らの中でも元祖といえる1台こそがスーパーセブンなのである。

スーパーセブンが飛び切り刺激的な乗り物であることはそのスタイリングからもわかるだろう。

走るための装備しかないこのクルマはどんなエンジンを搭載していても驚くほど速い。それだけでなくポルシェ911やクラシックミニよりも前に誕生し、今日も作り続けられている歴史の持ち主でもあるのだ。

自分で作れるレーシングカー

スーパーセブンの歴史は今から63年前となる1957年に始まった。

F1の強豪としても有名なイギリスのロータスが作り出した、その名もロータス・セブンというクルマがその元祖なのである。

ロータス・セブン(1957年)
ロータス・セブン(1957年)    AUTOCAR

ちなみにスーパーセブンという呼び名は特にパワフルなエンジンを搭載した特別なセブンのための名前だったが、その響きの良さによってセブン族全体のニックネームとしてひとり歩きしたものである。

ロータス・セブンは細い鋼管を組み合わせて作りあげた鳥かごのようなシャシーにフォードなどの大メーカーの生産車に積まれていたエンジンやギアボックス、デフなどをそっくり移植することで完成している。

セブンはもともとサイフの軽いクルマ好きのためのプロダクトだったため、完成車以外にも半完成や部品レベルといったキットの形式でも購入することができたのだ。

クルマ好きが自宅のガレージで自作して登録できるスポーツカー(!)。その方が楽しいからということもあるが、イギリスではキットの方が税金が安かったからというのが本当の理由である。

セブンのオーナーはサーキットまで自走していき、そのままクラブマンレースを走ることができた。

草創期のロータスの多くはレーシングカーだったが、セブンもまた競争するDNAを持った1台だったのである。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事