【AMGの名に恥じない】メルセデスAMG GLE 53へ試乗 435psの直6ツインターボ

公開 : 2020.07.14 10:20

AMG製の直列6気筒ツインターボを搭載したGLE 53。ハイパフォーマンスSUVとして、ブランドに相応しい力強さと洗練性を備えていると、英国編集部は評価します。モデルチェンジした2代目を、一般道で評価しました。

もくじ

これ以上求めるものはないほどの充実装備
GLE 53を際立たせるスポーティな走り
輝くステアリングフィールと乗り心地
メルセデスAMG GLE 53(英国仕様)のスペック

これ以上求めるものはないほどの充実装備

text:Steve Cropley(スティーブ・クロップリー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ポルシェ・カイエンやレンジローバー・スポーツに並ぶメルセデス製SUVを探しているなら、メルセデスAMGのGLE 53がある。ボディスタイルは通常のSUVらしいものと、クーペ風なものが選べる。

デビューは1年以上前のジュネーブショーだったが、ようやく英国への上陸を果たした。GLE 53は、いかにもAMGらしい。開発内容にスキはなく、驚くほど速い。装備も、これ以上求めるものはないほど充実している。

メルセデスAMG GLE 53(英国仕様)
メルセデスAMG GLE 53(英国仕様)

試乗車の場合、オプションがふんだんに盛られていることが通例。しかし、高価な牽引キットとオフロード装備を除いて、メルセデスAMGが試乗車へ加えたオプションは、数えるだけ。

685ポンド(9万円)のメタリック塗装と、標準の20インチではなく22インチのホイール程度だった。

ボディは大きい。全長は5mを超え、車内は7シーターとして不足ない広さがある。3列目は、欧米人の体格なら子供向けサイズだが、フロントシートはアームチェアのようにゆったりとしたバケットシート。かさばるから仕方ない。

エンジンはAMGが開発した、最新の3.0L直列6気筒ツインターボ・ユニット。電圧48Vで稼働し、21psと25.3kg-mを生み出すスターター・ジェネレーター(ISG)が組み合わされる。力強い加速力をさらに加勢し、燃費の向上も助けてくれる。

トランスミッションは、高速での変速を決めてくれる9速AT。四輪駆動システムの4マティックを備え、必要なパワーを迅速に、フレキシブルにタイヤへ伝送してくれる。

GLE 53を際立たせるスポーティな走り

ボディで目を引くのが、AMGらしさを強調するパナメリカーナ・グリルと、ボンネットのパワーバルジ。バンパーも専用デザインで、大きなリア・ディフューザーが後ろ姿を引き締める。

カイエンやレンジローバー・スポーツと並んでも負けないルックスだ。GLE 53のスタイリングは間違いなく印象的で、多くの視線を集めるものだと思う。

メルセデスAMG GLE 53(英国仕様)
メルセデスAMG GLE 53(英国仕様)

ただしGLEのデザインは、他のモデルとの近似性も高い。新モデルの情報を知らず、あるいはエンブレムを見なければ、メルセデス・ベンツのどのモデルなのか、ひと目で当てることは難しいかもしれない。

インテリアは豪奢で華やか。ステアリングホイールと、モニター式メーターパネルの洗練されたグラフィックは、AMG専用となる。

着座姿勢はアップライト気味で、スポーティというわけではない。シートはサポート性も良く、豊かさを感じる。装備が行き届き、美しい仕上げの施されたインテリアだと感じるに違いない。

GLE 53を際立たせるのが、実際の走り。エンジンは軽快に吹け上がり、力強いパワー感とともに、スポーティなサウンドを奏でる。

ドライビング・モードは、コンフォートやトレイル、インディビジュアル、スポーツ、スポーツ+など7種類がある。パワートレインやエア・サスペンションの設定が選べる。

沢山ある中で、オンロードを普通に運転する限りは、スポーツ・モードが一番イイと感じた。全体のレスポンスが向上し、トランスミッションのキックダウンも素早くなる。

コンフォート・モードでは、ボディの動きが若干緩く感じられるものの、スポーツ・モードなら適度に引き締まる。コーナリング時の安定感も高くなる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事