【74.2kg-mの極太トルクが生む余裕】新型 アルピナD3 S ツーリングへ試乗

公開 : 2020.07.16 10:20

アルピナ流の滑らかな仕上がりのステーションワゴンが搭載するのは、力強いトルクが自慢のディーゼル・ターボエンジン。特徴のフロントスカートとホイールで飾られた、G20型ベースの最新モデルをサーキットで評価しました。

もくじ

D3 Sの個性を作る驚くほどのトルク
滑らかでたくましいディーゼルターボ
0-100km/h加速4.8秒、最高速度270km/h
突出した中間加速と高い洗練性
アルピナD3 S ツーリング(欧州仕様)のスペック

D3 Sの個性を作る驚くほどのトルク

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
早速だが、このクルマ最大の特徴は、1750rpmから得られる74.2kg-mという極太のトルク。4000rpmまで回せば355psの最高出力も得られるが、新しいD3 Sの個性を作っているのは、驚くほどのトルクにある。

ディーゼルターボの強みを証明する、低回転域から中回転域にかけての、たくましいパンチ力。逆風は強いままだが、ディーゼルの可能性は終わったわけではない。

アルピナD3 S ツーリング(欧州仕様)
アルピナD3 S ツーリング(欧州仕様)

最新のアルピナD3がベースとするのは、すでに充分な力自慢のBMW M340d xドライブ。名前が示す通り四輪駆動で、4ドアサルーンのリムジンと、ステーションワゴンのツーリングが選べる。

先日はガソリンエンジン版のB3をご紹介したが、今回試乗するのはディーゼルエンジンでステーションワゴンのD3 Sツーリング。ドイツ・ビルスター・ベルク・サーキットでの試乗機会をいただいた。

いつものアルピナらしく、BMW 3シリーズからスタイリングの変更は控えめ。フロントバンパー下のスカートと、マルチスポークのタービン風ホイールをまとう。リアバンパーのデザインも変更され、4本出しマフラーカッターが引き上げられた性能を主張する。

内容としてはその程度だが、M340dより明らかにアグレッシブ。見た目の違いは充分に得ている。ひと目見ただけで、アルピナだとわかるだろう。

滑らかでたくましいディーゼルターボ

インテリアも同様。専用のグラフィックが与えられたデジタルモニター式のメーターパネルに、アルピナ・オリジナルのステアリングホイールとインテリアトリムで仕立てられている。

フロントシートは張り直され、センターコンソールにあしらわれるエンブレム入りのプレートには、シリアルナンバーが記される。アルピナが製造するクルマは、すべてを合計しても年間2000台程度しかない。

アルピナD3 S ツーリング(欧州仕様)
アルピナD3 S ツーリング(欧州仕様)

一方でボンネットの内側には、D3 S一番の改良が施されている。ベースとなるエンジンは、BMW製の3.0L直列6気筒ディーゼルターボ。電圧48Vのスターター・ジェネレーターでアシストされるユニットだ。

最高出力はM340dの15ps増しとなる355psで、最大トルクは3.0kg-m増しの74.2kg-m。主に新開発のエグゾーストシステムによって達成しているという。

ディーゼルエンジンのサウンドは、始動時には静かに車内で聞き取れる程度。アイドリングは目を見張るほど滑らかだ。

走り始めると、ディーゼルらしいカラカラ音がわずかに聞こえる。しかし、手直しを受けた直列6気筒ユニットのサウンドが、不快に感じられることはない。

D3 Sにフルスロットルを与えると、一瞬のターボラグが生じる。わずかに待って、低回転域から上り詰める巨大なトルクの山へ到達すれば、あとは大きな数字の期待通り。

アクセルペダルを穏やかに踏んでいれば、素晴らしい柔軟性で答えてくれる。市街地を低速でうろつくようなドライブは、リラックスした体験に終止する。

 
最新試乗記

人気記事